スキルデータ

  • 略称一覧?

メイス修練

  • 系統:パッシブ
  • 取得条件:無し
  • Max:10
  • 鈍器の攻撃力を増加させる
    • Skill Lv*3の与ダメージアップ。
    • 鈍器系装備時のみ効果があり、本や杖・爪装備時と素手状態では効果は無い。
    • R後、修練系スキルの扱いが変更され、特化・属性倍率が乗らなくなった。
    • 達人の槌を使うなら10推奨。そうでないならスキルポイントと相談。
スキルLv12345678910
与ダメージ量+3+6+9+12+15+18+21+24+27+30

SP回復力向上

  • 系統:パッシブ
  • 取得条件:無し
  • Max:10
  • 停止している10秒毎に一定量のSPを回復する
    • Weight50%未満でかつ移動せずに10秒経過すると発動する。
    • 移動動作さえしなければ、スキルやアイテムを使っても問題ない(テレポもOK)。
    • SP回復量は、Skill Lv*(MaxSP/500+3)で計算される。
    • この回復量はマグニフィカートでは増えない。
    • SP回復アイテムの回復量が増加する。

      アイテムでのSP回復量 = 基本回復量*(1+INT/50+Skill Lv/10)
    • あまりIntを上げない未転成殴りプリがSP回復を補助するスキル。
    • 基本は他のスキルの前提分取得するので良い。
    • PTの場合、回復が発動する前に移動することが多いとスキルを発動できなかったりするので過信はできない。

      SPを回復させたい場合は、このスキルに振るよりは素直にIntに回して修練を補完した方が効率が良い。
    • ハイプリの場合はメディタやマナリを取得した方が良い。
スキルLv12345678910
基本SP回復量+3+6+9+12+15+18+21+24+27+30
MaxSP  500+4+8+12+16+20+24+28+32+36+40
600+4+8+13+17+21+25+31+33+37+42
700+4+8+13+17+22+26+30+35+39+44
800+4+9+13+18+23+27+32+36+41+46
900+4+9+14+19+24+28+33+38+43+48
1000+5+10+15+20+25+30+35+40+45+50
1100+5+10+15+20+26+31+36+41+46+52
1200+5+10+16+21+27+32+37+43+48+54
1300+5+11+16+22+28+33+39+44+50+56
1400+5+11+17+23+29+34+40+46+52+58
1500+6+12+18+24+30+36+42+48+54+60

イムポシティオマヌス

  • 系統:アクティブ
  • 取得条件:無し
  • Max:5
  • 消費SP:Skill Lv*3+10
  • 持続時間:60秒
  • 詠唱時間:無し
  • ディレイ:3秒
  • 対象のAtkを持続時間、上昇させる。
    • スキル倍率の影響は受けるが、サイズ補正・属性・特化倍率の影響を受けない。
    • 修練系と同じく属性無し扱いのため、念属性Mobにも効果あり。
    • 効果時間内に再度使用した場合は、Lvに関係なく上書きされる。
    • 効果時間が短く、ディレイが大きい。
      他に何もすることが無いなら戦闘前に唱えておくと良いが、戦闘中に掛け直す場合は下手したら殲滅時間が延びることもあるので注意。
      グロリアとの併用が難しい。グロリアを取得している場合はそちらを優先した方が良いだろう。
スキルLv12345
武器Atk増加値+5+10+15+20+25
消費SP1316192225

アスペルシオ

  • 系統:アクティブ
  • 取得条件:アクアベネディクタ、イムポシティオマヌスLv3
  • Max:5
  • 消費SP:Skill Lv*2+10
  • 持続時間:Skill Lv*30+30 秒
  • 詠唱時間:無し
  • ディレイ:2秒
  • 聖水一つを使って対象の武器に(強制的に)聖属性を付与する。(素手は不可)
    • 効果時間内に再度使用すると、Lvに関係なく上書きされる。
    • 他の属性が一時付与されていた場合も強制的に上書きになる。
    • 武器を持ち替えると効果が切れる。素手→武器装備の時だけは切れない。
    • Lv3以上で実用。持続時間が切れる前に武器を持ち替える事も多い。
    • TU10持ちは武器持ち替えが要らなくなる場面が増えるので、Lv5も有効利用し易い。
    • 不死属性と悪魔種族のモンスターに直接使用すると固定で40の聖属性ダメージを与えるが、特に使い道は無い。

      悪魔に対して遠距離からタゲ取りができるくらいか。

      ローグがアスペを盗作する時はこの現象を利用する。
    • 鎧の属性が不死属性だと付与できない(PK可能マップなら上記のダメージが発生)。
スキルLv12345
持続時間60秒90秒120秒150秒180秒
消費SP1418222630
1時間ぶんの聖水量6040302420
(前Lvとの差) -20-10-6-4
  • 各属性に対して聖属性で攻撃した時の倍率は以下の通り(単位は%)。
    不死
    属  防
    性  御
    Lv  側
    11001001001001001000125100150
    2100100100100100100-25150100175
    3100100100100100125-50175100200
    410075757575125-100200100200

サフラギウム

  • 系統:アクティブ
  • 取得条件:イムポシティオマヌスLv2
  • Max:3
  • 消費SP:8
  • 持続時間:40-Skill Lv*10 秒
  • 詠唱時間:無し
  • ディレイ:2秒
  • 対象の詠唱ディレイを1度だけ減少させる。
    • 減少率は、Skill Lv*15%。
    • 自分に使う事はできない。
    • 効果時間内に再度使用した場合は、Lvに関係なく上書きされる。
    • 移動中は持続重視でLv2をかけておき、接敵し殲滅開始する前に改めてLv3をかけるというテクもある。
    • 詠唱中の相手に使ってもその詠唱時間は短縮されず、次に使うスキルが影響を受ける。
    • 詠唱が無いスキルを使った場合でも効果は消費される。
    • 元からDexの影響を受けないスキルの詠唱は短縮できない。

      (モンスターが行う詠唱もこれに該当するので短縮できない)
スキルLv123
詠唱速度短縮率15%30%45%
持続時間30秒20秒10秒
消費SP8

聖体降福

  • 系統:アクティブ
  • 取得条件:アスペルシオLv5、グロリアLv3
  • Max:5
  • 消費SP:使用者20、補助者10
  • 持続時間:Skill Lv*40 秒
  • 詠唱時間:無し
  • ディレイ:無し
  • 指定したセルを中心とする3×3マス内のキャラの鎧に聖属性Lv1を(強制的に)付与する。
  • 使用するには2人の補助者を必要とする。
    • 補助者の対象はアコプリモンクで、使用者の東西に一人ずつ並ぶ必要がある(南北は×)。

      例外として、片側に2人重なっている場合は、もう片側には誰も居なくても良い。
    • 補助者については行動不能やハイド状態、はては戦闘不能あっても構わない。
    • 条件さえ満たせば、アクエンなど一部の敵のスキル対策としては非常に有効。
    • カードによる鎧属性とでは、聖体が優先され上書きされる。ドル鎧にだけは無効。
    • 鎧を着替えても解除されない。
    • モンスターを聖属性にする事はできない。
    • 指定範囲に不死属性か悪魔種族のモンスターがいると同Lvのヒール砲と同等の聖属性ダメージを与える。
    • ディレイが無く連打が可能で、回復効果は無いのでサンクよりは攻撃に使いやすいかもしれないが、やはり補助者が居なければ使えないという制約は大きい。
スキルLv12345
持続時間40秒80秒120秒160秒200秒
消費SP(使用者/補助者)20/10

サンクチュアリ

  • 系統:アクティブ
  • 取得条件:ヒールLv1
  • Max:10
  • 消費SP:Skill Lv*3+12
  • 持続時間:Skill Lv*3+1 秒
  • 詠唱時間:5秒
  • ディレイ:無し
  • ブルージェムストーン1個を消費する。
  • 回復力のある場を設置し、範囲内のキャラのHPを1秒毎に一定量回復させる。
  • 範囲内にアンデッド属性・悪魔種族の敵が入るとダメージを与えてノックバックさせる。
    • 有効範囲は、実際には外に1セル広くなっている。
        ===========
        ===□□□□□=== ☆:詠唱指定地点
        ==□□■■■□□== ■:地面に出るエフェクト
        ==□■■■■■□== □:エフェクトの外にある見えない効果範囲
        ==□■■☆■■□==
        ==□■■■■■□== 実際の効果範囲:
        ==□□■■■□□==  ■と□を足したぶんの広さがあり、7×7セルから
        ===□□□□□===  四隅を除いた45セルが実際の効果範囲である。
       ===========
      
       仕様的には、恐らく3×3の効果範囲を持つ1セルのオブジェクトが
       エフェクトぶん(=21個)配置され、定員カウンターを共有している。
    • 持続時間が過ぎるか、スキルLv毎に決まっている定員数を越えると消滅する。
    • 回復における定員の消費条件は次の二つ。

        ・HPの減った回復対象(プレイヤーもしくは攻撃対象以外のモンスター)が範囲に入る

        ・範囲内にいる回復対象がHP全快状態からダメージを受ける

      同一キャラクターでも、一度HPが全快後に負傷すると新たな定員を消費する。
    • ヒールを受け付けないギルドエンペリウム(GvG)のHPも回復させる事ができる。
    • 実用Lvは回復量が最大になるLv7以上。

      低Lvでも戦闘終了後や復帰地点での回復補助としてならそれなりに使えるだろう。

      攻撃に使うならLv7は必須であり、コストパフォーマンスからLv10推奨。
    • 攻撃を行った場合はダメージを1回与える毎に定員2名分を消費する。
    • 攻撃のダメージは回復量の半分(小数点以下切捨て)に聖属性倍率をかけたもの。

      Mdef等に関係無く一定のダメージを与えるので極一部の敵に限りMEよりも有効。
    • 攻撃時のノックバック方向は基本ランダムであるが、範囲外周で弾いた時は常に外側になる。
      これを利用して壁際でハメる事もできる。

      初めから敵を背負った状態で攻撃サンクを出した場合は、SGと同じく北東へ飛びやすいようだ。
    • ボス属性のモンスターにはノックバック効果が発生しない。
    • 攻撃時、自分が範囲内で被弾と全快を繰り返すと、その都度定員を消費して攻撃回数が少なくなる。
      死の危険が無いなら防具を一部外したりドル服に着替えたりしてHPの全快を防ぐと攻撃回数の減少を抑えられる。
    • 術者がその場を離れ、効果範囲との間に射線が通らなくなると持続中でも効果を発しない。
    • 術者がその場で戦闘不能になった場合は、消滅するまで効力を発揮し続ける。
    • 術者がその場で行動不能な状態異常になった場合、その間は回復効果のみ発生し攻撃効果は発生しなくなる。

      サンク持続中にチャットを開設してもこれと同じ現象が起る。

      不死・悪魔混じりの乱戦時、チャットを出す事により攻撃効果で定員を消費する事無く味方を回復し続けるのも1つのテクニックと言える。
    • 1人で複数のサンクを置いた場合、定員は個別計算にはならず常に1枚として扱われる。

      (新たに置く毎に定員が初期化されるだけ。範囲は全て有効だが定員としては損をする)
スキルLv定員回復量持続時間消費SP一人当たりの
最大回復量
最大攻撃回数
Lv18人1004秒154004回
Lv210人2007秒1814005回
Lv312人30010秒2130006回
Lv414人40013秒2452007回
Lv516人50016秒2780008回
Lv618人60019秒30114009回
Lv720人77722秒331709410回
Lv822人77725秒361942511回
Lv924人77728秒392175612回
Lv1026人77731秒422408713回
  • 回避しきれない敵との戦闘や、囲まれて95%回避が維持できなくなった状況で有効。

    ヒールに手間を取られる事無く攻撃に専念できる。
  • PTの際も、上手く使えば決壊を防ぐのに役立つ事もあるだろう。
  • 使用する際のテクニックとして後ろサンク(バックサンク)・斜めサンク・壁サンクなどがある。
  • サンク7以上を取得するなら、これらのテクニックを練習することを薦める。
          【後ろサンク】        【斜めサンク】         【壁サンク】
      ============      ※※※※※※※※※※※※    ============
      ===□□□□□====      ※※※※※※※※※※※※      ===□□□□□====
      ==□□■■■□□===      ※※※※※※※※※※※※      ==□□■■■□□===
      ==□■■■■■□敵==      ※※※※※※※※※※※※      ==□■■■■■□深==
      ==□■■☆■■自敵==      ※※※※※☆■■□===      ==□■■☆■■自===
      ==□■■■■■□敵==      ※※※※※■■■□敵==      ※※※※※※※※※※※※
      ==□□■■■□□===      ※※※※※■■□自敵==      ※※※※※※※※※※※※
      ===□□□□□====      ※※※※※□□□敵===      ※※※※※※※※※※※※
      ============      ※※※※※=======      ※※※※※※※※※※※※
      
          ☆:詠唱指定地点  自:自分
          ■:エフェクト   敵:モンスター
          □:有効範囲    深:深淵などノックバック攻撃のあるモンスター
          =:地面      ※:壁や障害物
    
     後ろサンク:
      自分だけが回復範囲に入るように設置するパターンの基本形。
    
     斜めサンク:
      特にパターンは決まっておらず、詠唱地点と自分との位置関係を適宜斜めにずらすやり方。
    
     壁サンク:
      敵を壁際まで誘導して斜めに接敵し、背後に壁を背負った状態で後ろサンクを出すやり方。
      ノックバック攻撃を持つ相手に対して使う。壁がストッパーとなりサンク内への侵入を防ぐ。
      ノックバック方向さえ塞がればOKなので、障害物は1セルだけでもあれば利用できる。

リカバリー

  • 系統:アクティブ
  • 取得条件:無し
  • Max:1
  • 消費SP:5
  • 詠唱時間:無し
  • ディレイ:2秒
  • 行動不能になる状態異常?(睡眠・氷結・スタン・石化・石化進行)を解除する
  • 交戦中のモンスターに使うと、ターゲット情報が初期化され再度ターゲット指定が行われる。

    ノンアクティブモンスターならば、戦闘をやめて沈静化する。

    リンク型の場合は、交戦中の仲間がいればリンクにより即座に戦闘を再開する。
  • 不死属性に対して使用すると、状態異常解除、タゲリセットの効果が現れず、一定確率で暗黒?状態にする。

    イビルドルイドC挿し鎧やMobスキルにより不死属性になったPCに使用した場合も同様。

    ただしPCに対する暗闇効果は、対人エリアで敵性PCに使用した場合のみ発動し、それ以外の場合は何も起こらない(エフェクト、SP消費、ディレイはある)。
    • 状態異常攻撃が当たる瞬間に自分に対して使用すると、状態異常を回避できる。

      これをセルフリカバリーと言い、ミノタウロスと戦う時などに重宝する。

      (ハンマーフォールはハンマーが地面を叩く時、FDなら当たった時にリカバリー)

      対ミノではCtrl+クリックで殴らずにクリックしっぱなしで殴り、リカバリのカーソル出していつでも自分に対して使えるようにしておくと良い。

      但しディレイによって連続使用が出来ないので、複数の敵から連続で状態異常攻撃が来る状況では効果が望めない。
    • 不死属性モンスターを暗黒状態にすれば命中・回避ともに楽になる。

      呪いブレスと合わせるとかなりFleeの足らない相手でも戦える。

      ただし暗黒状態にする事で他人へのタゲ移りも発生しやすくなるので注意を要する。

      通常射程2のデュラハンなどは暗黒になった瞬間にタゲが外れるので、これが起りやすい。

      また、プリズナー系はリンク属性を持つので近くで誰かが同じプリズナー系と戦っていると、そちらにタゲが移ってしまう。
    • 意図しないノンアクティブモンスターを殴ってしまった時に使えば余計な戦闘を省ける。

      PT時に後衛のタゲ外しにも使える(他人へのタゲ移りもあり得るので注意)。
    • PTにおいてSGの氷割りにも一応使える。接敵すると危険な敵はこれで割っても良い。

      ただし取巻きのいるモンスターは、ターゲット初期化により取巻き再召喚を始めるので注意。

スローポイズン

  • 系統:アクティブ
  • 取得条件:無し
  • Max:4
  • 消費SP:Skill Lv*2+4
  • 持続時間:Skill Lv*10 秒
  • 詠唱時間:無し
  • ディレイ:無し
  • 毒によるHP減少及びHP/SP自然回復不能、HPR/SPR発動不能を無効化する。
  • Defの減少は無効化できず、毒状態を治療することもできない。
    • エフェクトが無いため芸としてすら微妙。
    • 唯一役に立つ状況はベナムダストが一面に敷き詰められた時だが、GvGでも滅多に無い。
スキルLv1234
持続時間10秒20秒30秒40秒
消費SP681012

リザレクション

  • 系統:アクティブ
  • 取得条件:SP回復力向上Lv4、リカバリー
  • Max:4
  • 消費SP:60
  • 詠唱時間:8-skill Lv*2 秒
  • ディレイ:Skill Lv-1 秒
  • ブルージェムストーンを1個消費する。
  • 対象1人を戦闘不能状態から戻す。
  • Lvによって復活時のHP回復量が決まっている(表参照)。
    • 高難度ダンジョンではLv4推奨。
    • 低Lvリザでは回復量が少なく、高Lvではディレイが長いので、注意しないと起こしてすぐにまた死なせる事にもなり得る。

      リザ対象の周囲に、対象を攻撃しそうなモンスターがいないかどうか、さっと確認しよう。

      遠距離型や、範囲攻撃のあるモンスターは要注意。
    • 低Lvでは詠唱も長く、詠唱妨害も受けるので戦闘中のリザはフェンやパピヨンCが無いと難しい場合も。
    • 相手がリザを望まない場合もあるので、無闇に起こすべきではない。

      特に辻リザをする時には、まず相手に確認を取ろう。
    • Lv1ならイグ葉で代用可能なので、TUを取らないならリザ自体を取らない選択肢もある。
スキルLv1234
詠唱時間6秒4秒2秒0秒
ディレイ0秒1秒2秒3秒
復活時HP回復量10%30%50%80%
消費SP60
  • アンデッド属性の敵に使うと同LvのTUの効果を得られる。

    その場合も青ジェムを1個消費する。詠唱はリザに準じ、ディレイはTUに準じて3秒となる。

    通常のTUに比べて有利なのは射程の長さ(TUの6に対してリザは10)と、Lv4なら無詠唱という点だろうか。

セイフティウォール

  • 系統:アクティブ
  • 取得条件:アスペルシオLv4、サンクチュアリLv3
  • Max:10
  • 消費SP:Lv1~3:30、4~6:35、7~10:40
  • 持続時間:Skill Lv*5 秒
  • 詠唱時間:(4.5-skill Lv)*0.4秒
  • ディレイ:無し
  • ブルージェムストーンを1個消費する。
  • 指定したセルに、近接物理攻撃を一定回数遮断するオブジェクトを設置する。
  • リニューアルによって耐久度が設定された。

    耐久度を越えたダメージは超過分がプレイヤーに与えられる。

    阿修羅覇王拳等の高倍率スキルだと、SWの上でも殺されるようになった。
  • 防御回数は通常回避などの影響を受ける。
  • 判定順(暫定)完全回避>Fleeによる回避>キリエ>SW
  • リニューアル前と後で詠唱速度が変更となった。

    リニューアル前はLv7で1秒が再短の詠唱時間だったが、

    リニューアル後はLv7以降も詠唱時間が減り、再短はLv10の0.5秒となっている。

    Lv10取得してあれば、フェン無しでも攻撃の合間に張れるだろう。
  • ジリ貧の回避策としてはサンクがあるが、それぞれ特性が違うため使い分けが可能。

    併用して使うのも有効である。
  • “近距離”とは、敵との距離が3セル以内の場合を指す。
  • 対モンスターに限り、近距離でさえあれば殆どの物理攻撃スキルを防御できる。 ※魔法は防御不可

    だが、物理スキルの場合、発動前に距離が4以上になると貫通するし、遠距離通常攻撃は3セル以内でもニューマでしか防げない。

    それと特殊スキルの中には距離によらずSWを貫通するものがある(コーマなど)。
  • 状態異常判定のみを発生させるスキル(HF等)を防ぐ事はできない。

    また、ダメージと状態異常判定が独立しているスキル(インベ等)は状態異常判定を通してしまう。

    (類似するスキルでも、防具破壊スキルは防げるが、ストリップ系は防げない)
  • リニューアル前は詠唱時間が最速になるLv7以上が推奨レベルとされていたが、

    リニューアル後はLv10の取得が強く推奨される。
  • 防御対象に敵・味方の区別が無いので、中に入ればモンスターでも守られる。

    逆に、モンスターが出したSWに自分が入って身を守る事もできる。
  • 同じセルに重ねて設置する事はできない。

    またニューマとも、範囲が重なるように設置する事はできない。

    (これを逆利用したのが、SWによるニューマ対策、またはニューマによるSW対策といった戦法である)
  • 地面指定スキルであるため位置ズレに弱く、とっさに使うには慣れを必要とする。

    「敵に殴られていない状態で位置取りをし、立ち止まる」→「足元にSWを出す」→「敵が追いつく」

    という手順を踏むと位置ズレを回避しやすい。
  • 位置ズレの問題も合わせ、乱戦時の防御、特に他者への防御として使うのは難しい。
  • ヒールを受け付けないホムンクルスやギルドエンペリウム(GvG)を保護する事もできる。
スキルLv詠唱時間防御回数基本耐久度持続時間消費SP
Lv14.1秒3回133005秒30
Lv23.7秒4回1360010秒
Lv33.3秒5回1390015秒
Lv42.9秒6回1420020秒35
Lv52.5秒7回1450025秒
Lv62.1秒8回1480030秒
Lv71.7秒9回1510035秒40
Lv81.3秒10回1540040秒
Lv90.9秒11回1570045秒
Lv100.5秒12回1600050秒
  • 距離と攻撃種別毎の防御スキル対応一覧は以下の通り。
    距離距離3セル以内距離4セル以上
    攻撃種別近距離攻撃遠距離攻撃魔法遠距離攻撃魔法
    通常スキル通常スキル通常スキル
    対MobSWSWニュマSW不可ニュマニュマ不可
    対PCSWSWニュマニュマ不可ニュマニュマ不可
    (マジスレテンプレより)
  • Mobスキルのアローシャワーは距離に関係なく近距離スキル扱いなので防げる (PCのは防げない)。
  • 理由は分からないがモンスターのスピアスタブ(射程4の遠距離範囲攻撃)に限り

    3セル以内でも防げなかったり、かと思えば防げたり、謎の挙動が起る。

キリエエレイソン

  • 系統:アクティブ
  • 取得条件:エンジェラスLv2
  • Max:10
  • 消費SP:Lv1~3:20、4~6:25、7~9:30、10:35
  • 持続時間:120秒
  • 詠唱時間:2秒
  • ディレイ:2秒
  • 対象に物理攻撃を無効化するバリアを張る。
  • バリアには対象のMHPによって変化する耐久値とスキルLv毎に決められた防御回数がある。
    • 魔法攻撃は防げず、しかし耐久値と防御回数は消費される。
    • バリアが受けるダメージに対しては、盾C等の耐性効果は適用されない。
    • 耐久値を超えるか防御回数を超えるとバリアは消滅する。
    • 耐久値を超えるダメージを受けると、吸収しきれなかった分のダメージを受ける。
    • 強みは小さな被弾を気にせずに済む事と、ヒットストップを防げる事。

      Fleeの足らない遠距離モンスターにもスムーズに接近出来るだろう。

      それと詠唱妨害に対しても一定の防御効果が期待できる。
    • ヒール10より消費SPが少ないので、高HPのキャラとPT行動をするならSPの節約にもなる。
    • キリエがかかると、回避・命中に関わらず全ての攻撃に対して防御エフェクトが出る。

      また他人の視点ではエフェクトは見えず、全てMissとして表示される。

      このため本人にも他人にも、どの攻撃が命中したかどうかは分からない。

      よって、PT時にPTメンバーのキリエが切れたのかどうか、判別し辛い。
    • 重複使用した場合は、使用Lvに関係なく後からかけた方が有効になる。
    • 被弾時の計算式 = [(基礎ダメージ×(100 - 乗算DEF) - 減算DEF)×エナジーコート - キリエ]×盾×肩×アスム (2005/12/31検証)
    • アスムとは重複せず、後からかけた方で互いに上書きされる。
    • 状態異常判定のみを発生させるスキル(HF等)を防ぐ事はできない。

      また、ダメージと状態異常判定が独立しているスキル(インベ等)は状態異常判定を通してしまう。

      (類似するスキルでも、防具破壊はダメージを防げば無効化できるが、ストリップ系は防げない)

      対人戦の場合、C挿し武器による状態異常攻撃をキリエでノーダメにしても状態異常判定は発生する。
    • コーマ+その次の一撃による死亡を回避するための予防手段としてはSWの次に役立つ。
    • 途中止めにする場合、グロリア前提の4か、SP効率なら6か9、防御回数で考えるなら6か8。

      ちなみにLv6とLv10の差はやっぱり“6”と“10”の数字の違いそのままといった感じ。

      とは言えAgi型が自分にかけるぶんには、違いが分かりにくいだろう。

      バランス型やVit型が使う場合や、PTで前衛に使用する時に、耐久時間が結構違ってくる。
スキルLvバリア耐久値防御回数持続時間消費SP
Lv1MaxHPの12%5回120秒20
Lv214%6回
Lv316%
Lv418%7回25
Lv520%
Lv622%8回
Lv724%30
Lv826%9回
Lv928%
Lv1030%10回35

マグニフィカート

  • 系統:アクティブ
  • 取得条件:無し
  • Max:5
  • 消費SP:40
  • 持続時間:Skill Lv*15+15 秒
  • 詠唱時間:4秒
  • ディレイ:2秒
  • 自分とPTメンバーのSP自然回復速度を2倍にする。
    • 回復間隔が立ち状態ならば8秒→4秒、座り状態ならば4秒→2秒となる。
    • Lv5推奨だが、ME殴りや神速殴り等の高Dex型ならばLv3でも実用可能。
    • PTでは基本的な支援となる。

      PTが全員Agi型なら、これとブレス速度を維持していれば後は多少のヒールだけで間に合う事も多い。
スキルLv12345
持続時間30秒45秒60秒75秒90秒
消費SP40

グロリア

  • 系統:アクティブ
  • 取得条件:キリエエレイソンLv4、マグニフィカートLv3
  • Max:5
  • 消費SP:20
  • 持続時間:Skill Lv*5+5 秒
  • 詠唱時間:無し
  • ディレイ:2秒
  • 自分とPTメンバーのLuk?を30上げる。
  • リニューアルによって性能が向上した。

    合計効果は、「Atk+10 Matk+10 Flee+6 Cri+10 Luckey+3」になる。

    前提のキリエと合わせて取得されることが増えている。
  • 交戦前に唱えるような使い方が基本。

    Lv3以上が実用レベルとされているが可能であればLv5取得したい。
  • 少なからずディレイがあるので、TUの補助用に使う場合は索敵中に使っておく。
  • クリティカル系の前衛や、中~高LukハンターとのPTでも活躍。

    (Agi-Dex2極ハンターの場合はグロリア欲しい派と要らない派がいるので、要相談)
  • 詠唱が無くPTメンバーの頭上にスキル名とエフェクトが出て目立つため、誘導用の目印に使える。

     例1) PTで先頭に立つ場合、分かれ道を曲がる時に使って進行方向をアピールする。

     例2) 他のPTと自PTが混じった時に使い、メンバーの判別や互いの位置確認を助ける。
スキルLv12345
持続時間10秒15秒20秒25秒30秒
消費SP20
  • 戦闘以外でも、BSの武器製造・アルケミの製薬・アサクロの製毒の各成功率の底上げに使える。

    料理についても、成功率計算式が未解明であるもののLukが関係するようなので成功率が向上する。

レックスディビーナ

  • 系統:アクティブ
  • 取得条件:ルアフ
  • Max:10
  • 消費SP:Lv1~5:20、以降Lvが1上がるごとに2ずつ減少
  • 持続時間:表参照
  • 詠唱時間:無し
  • ディレイ:3秒
  • 射程距離:5セル
  • 対象1体を一定確率で沈黙状態にする。
    • 使用者と対象のBaseLv差が成功率に、対象のINTが成功率と効果時間両方に影響する。
    • 沈黙状態のプレイヤーにShift押しで使うと沈黙を解除できる。
    • 対モンスターの場合は詠唱中に沈黙させるとスキルは発動しないが、対人の場合は完全に発動する。
    • ボスには効かない。
スキルLv12345678910
基本持続時間30秒35秒40秒45秒50秒55秒60秒
消費SP201816141210

レックスエーテルナ

  • 系統:アクティブ
  • 取得条件:レックスディビーナLv5
  • Max:1
  • 消費SP:10
  • 詠唱時間:無し
  • ディレイ:3秒
  • 対象は1体で、これを受けた相手は次の攻撃による被ダメージが2倍になる。
  • 石化・氷結状態の相手には使えない。
    • ソロでは余り使わないが、ペア狩りではキモになるスキル。
      大威力スキルのダメージを倍化させて一撃必殺を狙うのがポピュラーな用法だろう。
      ディレイが長いため連発はできず、ディレイでヒールが間に合わない事もあり得るので要注意。
    • 対モンスターに限り、凍結する直前にかけると凍結+LAの状態にする事が可能。
    • リフレクトシールドやハイオークC等による反射ダメージは2倍にならず、LAも消費されない。
    • 敵から受けた場合はログアウトするかキャラセレに戻って入り直すと消す事ができる。

ターンアンデッド

  • 系統:アクティブ
  • 取得条件:リザレクションLv1、レックスディビーナLv3
  • Max:10
  • 消費SP:20
  • 詠唱時間:1秒
  • ディレイ:3秒
  • 射程距離:6セル
  • 不死属性の敵(種族は問わない)を一定確率で即死させる。
    • 成功率は、[(SkillLv*20)+BaseLv+Int+Luk+(1-敵HP/敵MaxHP)*200]/10 %
      • 2010/07/06のパッチにより成功確率が変更された。詳細は不明。上記の式はパッチ以前のもの
      • 最大成功率は70%でそれ以上にはならない。
      • BOSS属性には通用せず、必ず失敗となる。
    • 成功時は、敵の現在HP分の聖属性攻撃となる。
      • 殆どの場合は即死となるが、PC相手の場合、人間種族耐性や聖属性耐性、

        シーズ補正などにより、ダメージが現在HPを下回り生き残ってしまうことがある。
    • 失敗時は、(SkillLv*10)+BaseLv+Intの聖属性攻撃となる。
    • 射程距離は6と、多くの魔法スキルに比べてやや短い。
    • グロリアの併用は成功率+3%になり、SkillLvにして+1.5に相当する。
    • 敵HP減少による成功率増加は、例えば10%減らすと成功率が2%上昇する。
    • v.s.深淵の騎士において取巻きカリツの排除に有用だが、なかなか決まらない事も。
敵HP全快からのTU成功率
スキルLv12345678910
Base+Int+Luk=10012%14%16%18%20%22%24%26%28%30%
13015%17%19%21%23%25%27%29%31%34%
16018%20%22%24%26%28%30%32%34%36%
19021%23%25%27%29%31%33%35%37%39%
22024%26%28%30%32%34%36%38%40%42%
  • 複数試行による撃破率は下のようになる(敵HPの減少は考慮せず)。
試行回数2345678910
基本成功率 15%28%39%48%56%62%68%73%77%80%
20%36%49%59%67%74%79%83%87%89%
25%44%58%68%76%82%87%90%92%94%
30%51%66%76%83%88%92%94%96%97%
35%58%73%82%88%92%95%97%98%99%
40%64%78%87%92%95%97%98%99%99%
  • 特にTU特化しなければ単発成功率は20%前後。

    1発で決まる事もあれば10発でもまだ決まらない事もある、そんなスキルである。

マグヌスエクソシズム

  • 系統:アクティブ
  • 取得条件:ターンアンデッドLv3、セイフティウォールLv1、レックスエーテルナ
  • Max:10
  • 消費SP:Skill Lv*2+38
  • 持続時間:Skill Lv+4 秒
  • 詠唱時間:15秒
  • ディレイ:4秒
  • ブルージェムストーンを1個消費する。
  • 十字型の結界を設置し、不死属性・悪魔種族に対して聖属性魔法攻撃を行う。
    • オブジェクト配置型であり、敵が3×3のオブジェクトに触れると攻撃。その後3秒毎に攻撃判定が行われる。
    • 1マス毎のHit数はスキルLvと同じ(Lv5なら5Hit)で、これを1セットとする。
    • 1Hitの基本ダメージはMatkに等しく、これに聖属性倍率が適用される。
    • スキルLv毎のセット数は、Lv1~2:最大2セット、Lv3~5:最大3セット、Lv6~8:最大4セット、Lv9~10:最大5セット。
    • 攻撃したオブジェクトは消滅するため全セットを当てれない事もある。
      • 特に横湧きなどで複数のモンスターがタイミングをずらして進入してきた場合、多数のオブジェクトを消費して継続ヒットが困難になる場合がある。
    • Hit数×セット数が相乗効果で増えていく為、取得するならLv10必須。
スキルLv1セット毎のHit数最大セット数持続時間消費SP
Lv11Hit25秒40
Lv22Hit6秒42
Lv33Hit37秒44
Lv44Hit8秒46
Lv55Hit9秒48
Lv66Hit410秒50
Lv77Hit11秒52
Lv88Hit12秒54
Lv99Hit513秒56
Lv1010Hit14秒58
  • 長詠唱・長ディレイの為、何らかの手段でディレイ終了、あるいは敵殲滅まで自衛する必要がある。
    • オーソドックスなのはSWやサンク等の防御・回復スキルで発動まで耐えるというもの。
    • PTを組み前衛に支えてもらうのも手だが、結局のところディレイ終了までヒール等は使えないので、結局その間耐えてもらう為のスキルは必須。
  • プリーストの場合はこれ+運用にほぼ必須となるスキルを取得した時点でスキルポイントが無くなる為、必然的にME型と呼ばれるスキル型になる。
    • 一般的な支援型が取得するスキルが一部取得できない他、ほとんどのスキルはMEの過程で取る前提レベルでしか取得できない為、支援としては働きにくい。
      前衛とペアを組む際に必要なスキル自体は概ね網羅でき、スキルの特性上高DEXになりやすい事から、後衛専門のDEX支援としては働けない事もない。
  • ハイプリーストになるとポイントに余裕ができ、ステータス上メディタティオを切りやすい為、支援とほぼ完全に両立したスキル取りも可能になる。
  • が、アークビショップではまた両立が難しくなる。
  • 単純にソロでレベリングがしたいだけならTUやアークビショップのジュデックスの方が装備的にもスキル的にも楽。
  • アークビショップになると、スキル単体の火力は範囲こそ狭いがジュデックスの方が出しやすく隙も少ない。
    その分ダメージを強化する装備が多くそれぞれが強力な為、上位の狩場で運用するならそれらの装備を揃えていくのが前提となる。

レディムプティオ

  • 系統:アクティブ
  • 取得条件:イベント
  • Max:1
  • 消費SP:400
  • 詠唱時間:4秒(Dexによらず固定)
  • ディレイ:1秒
  • 大聖堂内NPC「ライナース」に話し掛けることによってイベントが発生します。

    (クエスト条件:リザレクションレベル1以上 必要アイテム:青石20個+α 聖水30個+α)
  • 自分を犠牲にして、画面内(15×15セル以内)のパーティーメンバー全員を蘇らせる。
  • 蘇ったプレイヤーたちは50%のHPを回復する。
  • スキルが使用されパーティーメンバーが復活すれば、使用者はHP1/SP0になります。
  • 復活させた人数が5人未満ならば、5人から不足した1人あたり0.2%の経験値を消費。

    (ex. 2人を復活させれば0.6%の経験値を消費。)

    5人以上同時に生き返らせることで消費する経験値は0となる。
  • 経験値が1%以下だと発動しない。
    • 発動すると瀕死になるので、敵を抱えながらの使用は危険。
    • 通常リザと違い、青ジェムを消費しない。
    • 当初は「詠唱キャンセルされない」との情報だったがキャンセルされる。
    • 詠唱時間固定なので、フェン装備状態でも詠唱時間は増加しない。
    • 現状では実用する場面は殆ど無い。
    • 通常リザに勝るのは以下2点。
      • ドル鎧を着ている者でも起こせる
      • 壁越しでも起こせる

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS